お出かけ予約はこちらから

羽田空港で一晩過ごすには?深夜便・深夜到着の過ごし方と対策!無料で仮眠できる場所を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

羽田空港って無料で一晩過ごす場所はあるのかな・・・?

飛行機の便を予約したのはいいものの、羽田空港に到着したけど目的地までの終電が間に合わない!

飛行機の到着が遅れて終電がなくなってしまった!

翌朝の電車の始発までどうやって待とう?

国際線の飛行機が深夜出発・深夜到着・・・

夜中の乗り継ぎ時間が長い・・・

などなど飛行機の時間によっては、空港で無料で仮眠や寝泊まりできたらいいのに〜!と思ってしまうことありますよね。

もちろんホテルでゆっくり睡眠をとれるのが1番いいのですが、コストが気になったり、夜遅いとホテルの滞在時間が短くなりなんだか宿泊費がもったいない。

今回は羽田空港での深夜の時間帯をコスパ良く一晩過ごせないか、そんな悩みを解決します。

羽田空港で航空業界10年以上の経験を持つ私が細かくお伝えします!

深夜の時間帯、飛行機に乗り遅れないか不安になったり、周囲の通行客が気になったり、いつもと違い環境でなかなか眠れないこともありますよね。

そんな時は、Amazonプライムビデオの映画やアニメ、ドラマを観て過ごすのがおすすめです!

夜の長い時間を有効に使いませんか?しかも、Amazonプライムビデオ30日間無料で使えるので旅行のあとは解約すればOK。

\ 無料会員登録はこちら /

目次

羽田空港で一晩過ごす方法|無料で仮眠や前泊はできる?

旅行

結論から言うと、羽田空港で無料で一晩過ごすことはできます!

ただし24時間営業の第3ターミナルのみ。

無料で過ごしたい場合は羽田空港内の至るところにあるベンチで、横になって一晩過ごすことができます

それでは、詳しい過ごし方をひとつずつ見ていきましょう。

  • クリックするとジャンプします

第3ターミナルのベンチで過ごす

羽田空港国内線の第1・2ターミナルには閉館時間がありますが、国際線が出発する第3ターミナルは24時間営業

国際線の第3ターミナルには、だいたいどのフロアにも至るところにベンチがあるので、座ったり横になって仮眠を取ることができます。

コンセントも備わっているベンチが多いのも嬉しいポイント!

1階ローソン周辺

羽田空港第3ターミナル1階ローソン
第3ターミナル1階ローソン前

1階はかなり狭くローソンとエスカレーター・エレベーター、お手洗い、小さなカウンターがあるだけでこじんまりしています。

コンビニで飲食を調達して食事をするにはその周辺のベンチを使うと利便性が高いですね。

特徴としては、コンビニ店内の明るさで、ベンチの周辺も明るくなりがち。

そしてコンビニに訪れる人の出入りもあります。

寝るというよりは家族や友人同士のグループでゆっくり過ごしている人の方が多い印象のエリアです。

1階のローソンは24時間営業です。

2階到着フロア

第3ターミナル2階 到着フロア/ お昼頃の様子

2階は到着ロビーのベンチには、深夜便で到着したあと始発電車まで時間を潰したい人たちが多くいます。

荷物を枕にして靴を脱いで寝ている人も意外と多いエリアです。

2階はベンチも多く、シャワールームもあります。

日本国内ではあまり見かけない光景ですが、羽田空港のお手洗いでは外国籍の人たちが歯を磨いたり、着替えをしたり、顔を洗って化粧水で整えたりしている人が意外と多いです!

3階出発フロア

3階の出発フロアはこれから海外へ向けて出発する人たちで賑わっています。

航空会社のカウンター周辺のベンチは、人通りも多いので寝るには不向き。

横になるにはターミナル奥側の両サイドのベンチがおすすめです。

とにかく無料がいい!人の多さに安心を感じる!という場合は1階~3階のベンチで過ごすのがおすすめです。

シャワールームを利用する

国際線のある第3ターミナル2階到着ロビーには24時間営業のシャワールームがあります

深夜便で到着したり、夜遅い時間帯に空港に到着してもシャワーを浴びることができるのは嬉しいですよね。

・場所 第3ターミナル2F 到着ロビー
・営業時間 24時間
・定員1名 1,500円/30分 以降15分ごとに750円

24時間営業のシャワールームはココだけです!

空港ラウンジを利用する

深夜便で国際線を利用する場合、出国エリアのラウンジを利用しましょう!

出国した搭乗ゲートエリアにはクレジットカードラウンジ、JALやANAなど各航空会社の上級会員ラウンジがあります。

JALやANAの上級会員じゃない!という場合でも、「SKYラウンジ」というクレジットカードラウンジはゴールドのクレジットカードを持っていればラウンジ入室できます。

旅行のときは忘れずにゴールドカードを持ってきましょう。

空港ラウンジを無料で利用したい人は楽天プレミアムカードがおすすめ。
日本国内はもちろん世界中の空港ラウンジが無料で利用できたり、海外旅行保険も付帯しているので旅行前にぜひゴールドカードを手に入れて空港ラウンジでゆっくり過ごしましょう。

深夜便で出発する場合は出国の手続きを済ませ、出国エリアの各ラウンジで過ごすのがいいですね。

出国検査の締切時間もあるので寝過ごしてしまったら大変なので、早めに手続きを済ませて出国エリアに移動しましょう。

・JAL・ANAはそれぞれ最終便出発までラウンジ利用可
・TIATラウンジ・SKYラウンジは24時間営業

楽天プレミアムカードに申し込む

日帰り天然温泉 泉天空の湯を利用する

2022年12月21日に羽田空港に“泉天空の湯(いずみてんくうのゆ)”という温泉施設ができました!

羽田空港にこれまでもありそうでなかった温泉施設。

しかも泉天空の湯は24時間営業で、第3ターミナルから直結してアクセスも抜群です。

羽田空港の日帰り温泉|泉天空の湯の営業時間や場所!行き方や料金は?詳細はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

泉天空の湯には、休憩コーナーお食事処もあり、手ぶらで温泉が利用できるのは魅力的。

ホテルを利用するほど時間のゆとりはないけど、ゆっくりのんびり過ごしたい!と考えている人は、予約もいらないのでイチオシの過ごし方です。

羽田空港各ターミナルから温泉のある羽田エアポートガーデンへのアクセスはこちらの記事もあわせてご確認ください。 

羽田空港の24時間営業のコンビニや飲食店

カフェ

羽田空港で一晩過ごす場合、深夜にお店が空いているかどうかは重要なポイントですよね。

空港内にあるレストランはだいたい20:00〜22:00には閉店しますが、24時間営業のコンビニ・カフェ・レストランもあります。

第3ターミナル24時間営業
  • 1階
    • Air LAWSON
  • 2階
    • TULLY’S COFFEE
  • 4階
    • カフェカーディナル
    • すぎのこ
    • モスバーガー&カフェ
  • 利用する際は羽田空港の公式サイトやインフォメーションから最新情報を確認してください。

また、第3ターミナルに直結している『羽田エアポートガーデン』という商業施設にも24時間営業のローソンと、温泉内の食事処があります。

羽田エアポートガーデン24時間営業の店舗
・ローソン
・温泉『泉天空の湯』内のお食事処

羽田エアポートガーデン レストラン一覧と詳細はこちらから

羽田空港で一晩過ごすときの注意点

羽田空港は一晩過ごすことが可能ですが、閉館時間があるため注意すべき点がいくつかあります。

  • クリックするとジャンプします

注意①第1・2ターミナルには閉館時間がある

羽田空港の第1ターミナル(主にJAL)、第2ターミナル(主にANA)の営業時間は、原則5時〜24時です。

最終便が出発・到着したあとは警備員が巡回し人が残っていないか確認しているので第1・2ターミナルで過ごすことはできません。

第1・2ターミナル営業時間

原則5:00〜24:00
・1階(到着ロビー)24:00頃
・2階(出発ロビー)21:00〜22:00頃

出発・到着共に最終便終了後に閉館

早朝は開館時間の5時にならないと入れないわけではなく、5時少し前からオープンし空港内のベンチで過ごすことができます。

深夜の閉館時間は、出発フロア(2階)は飛行機の最終便が出発したあとのだいたい21時〜22時以降

到着フロア(1階)は最終便が到着したあとの24時頃に閉館します。

注意②深夜早朝のターミナル間の移動手段

羽田空港の第1,2,3ターミナルは無料連絡バスが走っています。

ターミナル間無料連絡バス
5:00〜24:00
(第3→第1→第2→第1→第3の順で循環)

・5:00〜20:00→4分間隔
・20:00〜最終バスまで→8分間隔
(2023年11月現在)

ただし、第1・2ターミナルの閉館後は無料連絡バスも終わってしまうため、第1・2ターミナルから国際線へ深夜に移動する場合は最終バスに間に合うように移動が必要になります。

第3ターミナルへの最終無料連絡バス(2023.11現在)
第2ターミナル発→最終 24:28
第1ターミナル発→最終 24:32

羽田空港第1・2ターミナルと第3ターミナルを結ぶ道路は長いトンネルになっており、徒歩や自転車での通行は出来ません!

もし無料循環バスに間に合わなかった場合の移動手段はタクシーのみ。

タクシーが呼べるアプリ GO《ゴー》

ターミナル間はタクシーで5~10分ほどで移動できるので、新規無料登録後はクーポンを使ってサクッとタクシー移動しましょう!

今ならGO《ゴー》新規登録すると500円クーポンがプレゼントでもらえますよ!

羽田空港で快適に一晩過ごす時のおすすめアイテム

羽田空港で一晩過ごすならそろえておきたいおすすめのアイテムを紹介します。

  • クリックするとジャンプします

モバイルバッテリー

羽田空港で一晩過ごしているときに一番重要なのはスマートフォンの充電ではないでしょうか。

持ち運びやすいサイズで、大容量かつ急速充電が可能なモバイルバッテリーはAnkerのパワーコアがおすすめ。

モバイルバッテリーは旅行中だけでなく、日々の生活の中でも日常的に使えるので1つ持っておくだけで便利ですよ。

私も愛用していますが、iPhoneの純正充電器と比べるとあっという間に充電がたまりますし、スマホを使いすぎちゃった!という緊急時にも安心して備えることができます。

ワイヤレスイヤホン

ベンチで横になって過ごすと、他の旅行者の会話や空港内のアナウンスなど周囲の音も気になりますよね。

Anker Soundcore Liberty 4(アンカーサウンドコアリバティ4)は、ノイズキャンセリング機能も付いているので周囲の音は遮断して、快適な夜を過ごせます。

さらに1万円台で購入できて、スマートフォンアプリを使って音質を自分好みに変更できるのもおすすめポイント。

アンカー・ダイレクト楽天市場店
¥14,990 (2024/02/19 15:38時点 | 楽天市場調べ)

カラーバリエーションも豊富なので自分の好きな色をチョイスできます。

Amazonプライム

深夜の時間帯、飛行機に乗り遅れないか不安になったり、周囲の旅行者が気になったり、いつもと違い環境でなかなか眠れないこともありますよね。

そんな時は、Amazonプライムビデオ映画やアニメ、ドラマを観て過ごすのがおすすめです。

夜の長い時間を有効に使いませんか?

しかも、Amazonプライムビデオ30日間無料で使えるので30日以内の解約もOK。

\ 無料会員登録はこちら /

不要であれば登録から30日以内に解約すればOK!無料で使えるので一晩快適に過ごせます。

ネックピロー(枕)

羽田空港のベンチで一晩ごすならネックピローがおすすめです。

こちらはポンプ式で折りたたんで収納できるタイプで、飛行機の中でも使えるしリラックスして休むことができるので1つ持っておくと便利。

まとめ|羽田空港で快適に一晩過ごそう

羽田空港のターミナルで寝泊まりする方法やターミナルの営業時間や24時間営業の店舗について紹介しました。

快適に一晩過ごすおすすめアイテム

  • クリックすると読み返せます

自分にあった快適な過ごし方は見つかりましたでしょうか?

深夜の時間を有意義に過ごし、ステキな旅行のひとときを楽しんでくださいね。

空港ラウンジを無料で利用したい人は楽天プレミアムカードがおすすめです。
日本国内はもちろん世界中の空港ラウンジが無料で利用でき、海外旅行保険も付帯されているので、旅行前にぜひゴールドカードを手に入れて空港ラウンジでゆっくり過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次