お出かけ予約はこちらから

3歳を2歳と偽って無料で飛行機に乗ったらバレる?バレたらどうなる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
はりねずみさん

子どもの年齢を2歳と偽って飛行機に乗るとバレるのかな…?

こんな悩みを解決できる記事になっています!

日本国内線では2歳と3歳を境に飛行機料金が変わってきます

0〜2歳3~11歳12歳以上
国内線無料大人運賃の約50%大人運賃
年齢別運賃表

少しでも節約したいな…
3歳になったばかりだし…
3歳だけど小柄だからバレないかな…

などいろいろ考えてしまうこともありますよね。

そこで今回は3歳の子どもを2歳と偽って無料で飛行機に乗ったらバレるのか

もしバレてしまったらどうなるのかを紹介します。

さらに後半では、お得に飛行機のチケットを購入する方法5選も紹介していますので参考にしてくださいね。

子連れ飛行機で使える便利グッズはこれ!機内での暇つぶし対策はこちらの記事で紹介しています。

目次

3歳幼児を2歳と偽って飛行機に乗るとバレるのはどんな時?

3歳幼児を2歳と偽って飛行機に乗るとバレるときは、バレます

搭乗手続き時や搭乗口で飛行機に乗るタイミングで、年齢確認が行われることがあります。

3歳幼児を2歳と偽っていた場合、年齢がバレるタイミングはこちらです。

3歳を2歳と偽っていた年齢がバレる瞬間

それぞれ詳しく解説していきます。

空港で搭乗手続きや荷物を預ける時

国内線では、身分証の提示はありませんが、係員のいる窓口で手荷物や搭乗手続きをすると口頭で年齢の確認があります。

国際線ではパスポート情報と飛行機のチケットの情報が一致している必要があるので、年齢を偽ることはできません。

子どもが職員の前で本当のことを喋った時

おしゃべりが上達してきた3歳頃の子どもは予測不能な発言をすることが多いですよね。

自発的に「わたし、3さいになったの!」などと言ってしまったことで、職員から子どもの年齢を再確認される場合があります。

その際は子どもの身分証の提示を求められる可能性が高いでしょう。

職員も大人ではなく子どもにも直接「何歳ですか?」と質問することで、正当な年齢を確認することがあります。

搭乗口を通過する時

航空会社の職員は飛行機の乗客を「大人・子ども(3歳~11歳)・幼児(2歳以下)」の3段階で人数を確認しています。

搭乗口で飛行機に乗り込む際、子どもの見た目や行動から、不審に思った職員から声をかけられる場合があります。

3歳幼児を2歳と偽って飛行機に乗ってバレたらどうなる?

万が一、子どもの年齢を偽っていることがバレた時、どうなるのかを紹介します。

3歳を2歳と偽ってバレたらどうなる?

正規運賃の支払いを求められる

もし3歳の子どもが2歳として無料で搭乗しようとしていた場合、航空会社によっては、子どもの年齢に見合った適切な運賃の支払いを求められます。

0〜2歳3~11歳12歳以上
国内線無料大人運賃の約50%大人運賃
年齢別運賃表

JAL・ANA等の航空会社のほとんどは、3歳から11歳までの子供は大人の片道運賃の約半額が「小児運賃」です。

小児運賃の支払いができない場合は、飛行機には乗れません。

予約便に乗れなくなる可能性がある

搭乗間際に年齢が違うことがバレた場合、正規運賃の支払い手続きが必要になります。

その手続きに時間がかかるため、予約便に搭乗できなくなることもあります。

到着後の予定も崩れるし結局正規運賃を支払うのなら、年齢を偽って搭乗するはリスクしかありませんね…

お得に飛行機のチケットを購入する方法5選

飛行機のチケットは、子どもと大人の分も合わせると結構高額な支払いになりますよね。

とはいえお子さんの前では嘘は付かずルールを守って飛行機に乗ってほしいのが筆者の本音。

ここでは、できるだけ安くお得に購入する方法を紹介します。

それではひとつずつ見ていきましょう。

① 早めに飛行機の計画を立てる

JAL・ANAの大手でも最大90日前・75日前・45日前・・・など早ければ早いほど安く購入できます

定期的にセールも開催されているので、早めに計画を立てて、お得に航空券をゲットしましょう。

出発の数か月前から予約すると、1万円を下回るほどの破格で航空券を買える可能性も高くなります。

ただし、フライトの時間変更はできないことが多いので事前に計画を立てておきましょう。

② 格安航空会社(LCC)を利用する

LCCは運賃が大手航空会社より安価に設定されている場合が多いです。

機内サービスは控えめですが、交通費を少しでも抑えたい場合はLCCがお得です。

【LCCとは】
ローコストキャリアのことを指し、格安で航空券を買うことができる航空会社です。

座席が若干狭い荷物の預け入れや座席指定を有料化・簡素化することで低価格の運賃を実現。

日本国内のLCCは主にこちら

  • ピーチ
  • ジェットスター
  • スプリングジャパン

LCCのチケットを購入するなら【トラベリスト】がおすすめ。

行き先別・航空会社別で検索出来たり、最安運賃を知りたい順に並べ替えて検索できるので表記してくれます。

PayPay決済で支払いも簡単に完了するので、クレジットカードがなくても、コンビニに行かなくても大丈夫。

PayPayポイントも同時に貯めることができます。

普段からPayPay決済を利用している人は【トラベリスト】は航空券代もお得に購入しましょう!

\ LCCをお得に買うならこちら /

③ マイルを貯めてチケットに交換する

航空会社のマイレージプログラムに登録し、貯まったマイルに応じて「特典航空券」としてマイルを交換し飛行機に無償で乗ることができます。

クレジットカード機能付きのマイレージカードであれば貯まるスピードも爆速です。

これまでに貯めたマイルで飛行機に乗れるのは嬉しいですよね。

④ 格安航空券比較サイトを使う

これまで紹介した方法では飛行機のチケットを買えない・・・というあなたは格安航空券の比較サイトエアトリがオススメ。

エアトリなら日本国内のすべての航空会社一括比較検索ができ、お得なチケットをお気軽に購入できます。

さらに会員登録すると飛行機代の購入額の2%がポイントとして貯まるので、次回購入時に使えてさらにお得です。

\ お得に航空券を探してみる /

⑤ ホテルも探すならセット商品を

国内航空券とホテルがセットになった商品なら、単品で購入するよりもかなりお得に購入することができます。

例えば、エアトリプラスで国内航空券とホテルをセットで購入すると、国内ホテルは最大70%OFF

航空券とホテルの組み合わせも自由に選べるのも嬉しいポイントです。

\ 国内ホテルは最大70%OFF /

まとめ|ルールを守ってお得に旅行しよう

今回は、3歳の幼児を2歳と偽って飛行機に乗せる行為のリスクについて解説しました。

0〜2歳3~11歳12歳以上
国内線無料大人運賃の約50%大人運賃
年齢別運賃表

空港で子どもの年齢がバレるタイミングは以下の通りです。

3歳を2歳と偽っていた年齢がバレる瞬間

3歳の幼児を2歳と偽った場合の具体的なリスクには以下のようなものがあります。

3歳を2歳と偽ってバレたらどうなる?

バレた場合の事例としては、チェックイン時や搭乗ゲートでの会話、機内での子どもの発言が原因で発覚するケースがあります。

紹介したリスクを避けるためだけでなく、そもそも子どもの前で嘘をつくのはよくないですよね。

子どもも正しい年齢で、航空会社のルールは大人としてしっかり守りたいものです。

お得に国内航空券を購入する方法も紹介しましたので、お得に楽しく旅行してくたさいね。

\ 少しでもお得に航空券を買いたい! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次